neo aco, guitar pop, french, brazilian, cutie pop, and more...
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

flexlife 晩秋の京都Live
みなさま、ごぶさたしております!NOZAKIです。

しばらく更新していない間に、季節は秋ですね秋
秋といえば…すっかり食欲の秋で、月なんか眺めながら一杯酒やるのがいいです。

わが街、京都はこの時期は「ザ・観光シーズン」なので、ちょっと紅葉を観に行くとなると一苦労!
お時間の許す方は、早朝に訪ねられることをお勧めします。朝6時頃の南禅寺なんかは、年中お気に入りの場所ですお気に入り

さてさて、ひさしぶりの更新ですが、お知らせですキラキラ
それは…そう、個人的にお気に入りのアーティストflexlifeエクステンション



5月に数年ぶりの京都ライヴを行ったflexlifeが、この秋、再びやってきますピース
春は素敵な洋館(京都府庁旧本館びっくり)でしたが、この秋は古い日本家屋が舞台キラキラ

今回の会場となる「THE BONZEくらぶ 堀北庵」、なんでもお寺の住職が主宰されている集いの場だそうで、




建物の中も外も、映画のセットに使えそうな雰囲気です映画

ライヴ時間も夕方4時からと、足を運びやすい時間。
人を惹きつける独特の艶と、土着的な力強さとを持ったflexlifeの音楽を、
ぜひ、軽く一杯やりながら特別な時間をお過ごしくださいキラキラ

■□■□■□■□■□■□■□■□



『Wild Cat Blues〜秋のツアー 晩秋の京都Live〜』

今春、数年振りに京都でライヴを行ったflexlifeが、この秋、再びやってきます!
春の京都府庁旧本館に続き、秋は古い日本家屋が舞台。より生音に近い環境で、特別な時間をお届けします。

2014年11月24日(月・祝)

THE BONZEくらぶ「堀北庵」(京都市北区紫野下柳町47-1)にて
※市営地下鉄北大路駅下車徒歩約10分または市バス北大路新町バス停下車徒歩約5分

15:00開場 / 16:00開演
ご予約2000円(ドリンク代500円別途)

<ご予約・お問い合わせ>
flexlife-kyoto@outlook.com
※ご予約は、お名前・お電話番号・ご予約人数をメールにてお送りください。

<詳細>
http://flexlife-kyoto.wix.com/wildcat




★NOZAKI★


 
Pop'n aroma

コンニチハ、PAPILLOです。

もはや直前に迫って来ましたが、8月13日(水)は南堀江のREINETTE(レネット)で開催される
イベント「Pop'n aroma」にDJで参加させて頂くことになりましたーーー
いつもは京都のセカロイショップで開催されている大人気イベントが、なんと、大阪初上陸です!!!!!!!!!!
アロマレッスンやマルシェをはじめ、我らparty jokeのIBUKI君のバンド“LILY GLASS GROUP”と国内外に多くのインディーポップファンを持つ“Wallflower”のアコースティックなライブもあります。
本当に内容モリモリの「Pop'n aroma」、この夏の思い出になること間違いなしですよーーー



真夏の夜のひとときを、優しい香りと音楽に包まれてみませんか?←詩的にしめくくるw

  皆様のご来場、心よりお待ちしています!

★パピ郎(PAPILLO)★

party joke marche

コンニチハ、PAPILLOです。
今月のparty jokeはいつもと場所と趣向を変えて開催したいと思います。
南堀江のREINETTE(レネット)のスペースをお借りして、フリーマーケットもやっちゃいます。
そして、巷で噂のSIGNS&CAMP COFFEEも参加してくれます
だから今回は、人呼んで『パーティージョーク・マルシェ』というスタイルでの開催です。
この日、REINETTEのBGMはparty jokeがJACKさせて頂きながらの営業となります
もちろん入場無料なので、3連休の街遊びついでにお気軽にお立寄りくださいね。
詳細はコチラ


フリーマーケットのコーナーでは、日本はもちろん、旅先で出会った服や雑貨もがちゃがちゃと放出させて頂く予定です


ブルックリンのフード系フリーマーケット「SMORGASBURG」の写真です
ワールドワイド感を出してみましたw


ワールドなんとかと言えば...
お気に入りシャツを着てW杯の勝敗を気にかけている日々ですが、
7月19日(土)、パーティージョーク・マルシェで皆さんにお会い出来る日を楽しみにしています
どんどこどこどこ遊びに来てね。

★PAPILLO★

BKLYN
コンニチハ、PAPILLOです。
前回に続いてNEW YORKのルポルタージュです。←ジャーナリスト風

 
土曜日の朝、ホテルのあるマンハッタンからブルックリンに足をのばしてみました
時折、強い風が吹いてきましたが、5月の青空は本当にすがすがしいです。
特に自転車の人たち、めちゃくちゃ気持ち良さそうです
アーティストたちの活動の場として、めきめき開発中のブルックリンには、
荒涼とした工場跡地がそこかしこに残っていました。
近い将来はマンハッタンを凌ぐ規模の町になったりするとかしないとか言われています。


ときどき見かける母音を省いたこの表記。
こなれた感じがカッコいいなと思いました。
これはメトロの路線表示で、DOWNTOWN & BROOKLYNの略ですね。


毎週土曜日、ブルックリンのイーストリバー沿いの公園で開催される「スモーガスバーグ」。
This is 食いだおれ市(です)!
ちょっと食いだおれてみましたので、LOVELYな食べ物たちをご紹介します。


色も味もアメリカ感全開のDoughのドーナツ。
手前のハイビスカスを食べてみましたが、甘過ぎてギブでした。


ファンキーに提供されるMighty Quinn'sのブリスケット・サンド。
肉、最高!!!!!!!!!!
行列に並んででも食べる価値ありです!


ぷりぷりのロブスターがてんこ盛りのオープンサンド。
毎食でも食べたい美味さ!
ここも人気でした。
ニューヨーカーはロブスターが好きなんですね。


ラッシー売りのワゴン
なんとなく写してみました。


ここからはスモーガスバーグではないのですが、
これは街角でよく見かける移動アイスクリームSHOP
通りに甘い匂いを漂わせていました。
僕は、アメリカのゆるい日常を描いた『Trees Lounge』という映画が大好きなのですが、
この映画の主人公も移動アイスクリーム店主をやっていました


Trees Lounge /監督・脚本・主演スティーヴ・ブシェミ(1996年)
1996年という時代だけに、当時オルタナ界のアイドルだったクロエ・セヴィニーがめちゃめちゃカワイコちゃんの役で出演しています。目の下にクマのないクロエが斬新でした!


ベーグルはNYのソウルフードのひとつですね。
健康志向の人が多いNYにあやかって、豆腐とホウレン草のクリームをサンドしてもらいました。


デリでグラノーラを買って健康志向の朝食です。




ネーミングや形に遊び心を感じるパンたち。
美味しいと評判のお店では、味は外すことはありませんでした。


パリでも人気のキヌアのサラダ。
クスクスみたいな粒粒食感がクセになります。
健康志向のニューヨーカーもパリジャンに負けじとキヌア食ってるんですね。
ホールフーズマーケットの量り売りでテイクアウトしました。


このパストラミ・サンドを食べたKATZ'Sは、古き良きアメリカの雰囲気が残ってて素敵でした。
美味しかったけど、ボリューミー過ぎて残してゴメンナサイ...(懺悔)


NYボーイが研究に研究を重ねて作り出したというおしゃれケチャップ
ひと瓶買って帰りました。
でも味は普通でした




ここまでは2ヶ月前のNEW YORKぶらぶら日記でした。

さてさて今月、7月19日の土曜日は、久々のparty jokeを開催しますよー
今回はブルックリンさながらにフリーマーケットも併設します!
そして素敵なコーヒースタンドも参加してくれるので、どことなくNEW YORKの空気感が出せるかも知れませんw
詳細は次回のblogでお知らせしますので、どうぞ宜しくお願いします!

★PAPILLO★
NYCB
コンニチハ、PAPILLOです。
随分ご無沙汰しているparty jokeですが、夏に向けて密かに前進していますよ〜
詳細は決まり次第お知らせしますので、よろしくお願いします

さて今回は、5月の初めに訪れたNEW YORKでの滞在の模様をお伝えしたいと思います。
とは言え、ホテル界隈をぶらぶらして適当なものを食べたりして過ごしただけなんですが、
ところどころに感じる遊びごころやシンプルな空間に触れて、
NEW YORK CITY BOYの気分を味わって来ました


これは滞在していたエースホテルの部屋から見えた景色。
一応、最上階の部屋でしたが、町の真ん中に位置するホテルなので、眺めるのは路地裏から見るビル群。
手前の煉瓦ビルの佇まいこそ、僕にとって最もNEW YORKらしさを感じる象徴なんです。
地味すぎますけどね。


ランダムに写真貼って行きます。
こちら、部屋の壁画です。


アイロンとアイロン台。




バスルーム


昼寝のともだち、ブランケット




ミニバーのセレクションにもCITY BOYセンスが光ってます


今年はポップコーンをよく食べてます
だから、アメリカやイギリスではいろんな種類が市販されてて羨ましい限りです。


なんとなく写してみました


廊下の壁のフロア案内図。


地下への階段のサイン。




ジムがあるのはありがたいです
狭いけど最新のマシンが揃ってました!


ロビー兼バー、その名もロビーバー!
夜な夜なパーティー会場と化し、(ほぼ)宿泊客以外のニューヨーカーたちが集まって来てフィーバーしまくりです




居心地良くてだらだら過ごしたエースホテル
再びNEW YORKに行くことがあったら、また泊まりたいと思います。


こちらは、ホテルの1階に併設されてるコーヒーショップ
いつもたくさんの人で賑わってるので、朝7時くらいがすいてて狙い目です。


なみなみのカフェラテを毎朝飲んでました


ある日の午後、ホテルの近くの公園に、


ハンバーガーを食べに行ったのですが、


リスが人慣れしすぎてて、ちょっと脅威を感じました。
(実は昨年、体の正面から突然よじ登られて凍りついたトラウマが...)

そんなこんなで旅の一部始終を書いてみましたが、
次回も続編のような内容で書いてみようと思いますので、
またまたよろしくお願いします

★PAPILLO★
フリマ!フリマ!フリマ!
チョコラです。
暖かくなってようやく動きだしてきました。
おひさしぶりです!
おはようございます!

さっそくですが、明日、と、いうか明日!フリーマーケットに参加します。
2tomooくんとお邪魔してますので、遊びにきてくださいね。
party jokeグッズも少しだけ持っていく予定。
本やレコードも持っていく予定です。

GWでたくさんのイベントが開催されているので、ついでにでもぜひ!



★チョコラ★
flexlife京都府庁旧本館live
みなさま、こんにちわ!
ひさしぶりの登場、NOZAKIです。

あちらこちらで桜の開花の便りが届けられておりますが、
京都もちらほらと桜
京都御所の西にある京都府庁では、今日から旧本館にて“観桜祭”が行われます桜
桜の本数は少ないですが、多彩な展示・イベントで毎年多数の方が来られている様です。
http://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/kanousai2014.html

観桜祭が催されているのは京都府庁旧本館。
明治37年に建てられ、現在も使用されている素敵な洋館で、
重要文化財に指定されています。



写真は以前に撮ったものですが、この存在感のある外観と内部の雰囲気!!!
好きな方も多いのではないでしょうかゆう★

さてさて、この素敵な場所で、5月にflexlifeのアコースティックライブを開催しますニコッ
ぼくが学生だった頃から好きなアーティストのライブを、これまたこんな素敵な会場で!!!
人を惹きつける独特の艶と、土着的な力強さとを持ったflexlifeの音楽は、
聴いたことのない方でも気に入っていただけると思いますDocomo118

京都府庁旧本館とflexlifeとの組み合わせ、若葉の頃にふさわしい時間をお届けいたします緑

■□■□■

『flexlife、約8年ぶりとなる待望のオリジナルフルアルバム“Wild Cat Blues”の発売を記念して、京都でアコースティックライヴが実現しました。会場は重要文化財であり、創建時の姿をとどめる現存の官公庁建物としては日本最古のものである“京都府庁旧本館”。西洋の様式と和の技術を融合させたモダンな空間で、flexlifeの今を感じて下さい』

flexlife京都府庁旧本館live
〜Wild Cat Blues release tour〜
2014年5月17日(土)
京都府庁旧本館二階正庁にて
18:00開場/18:30開演
前売予約 3000円/当日 3500円
ご予約はこちらまで
http://flexlife-kyoto.wix.com/wildcat




★NOZAKI★
石油ストーブからの伝言
遅ればせながら、みなさん明けましておめでとうございます。
辰年の2tomooです。
四季のうち真冬が大好きなのですが、先日の大雪をみていると許容範囲をはるかに超えています。
東京では20年ぶり、仙台は26年ぶり、千葉に至っては観測史上、最高の積雪を記録したらしい。
雪を楽しむどころか、雪と対峙する冬はあまり好きではありませんね。
何事もほどほどが一番です。
まだまだ寒い日々が続きますが、あともう少し真冬を楽しみたいと思います。
そんなことを想像しながら真冬の朝は残酷なほど起床が辛い、先日もあわや会社に遅刻しそうなり、人参をぶらさげる馬のように真冬の朝を疾走した僕がいました。

志賀高原ビール

今年初めての体験。志賀高原ビールを頂く。
ふくよかな甘みとホップの個性が際立っていて本当に美味しいです。
シティボーイとクラフトビール。
鯖寿司とサバービアスイート。
今年の干支を象徴するかのように、人参をぶらさげた馬状態で色々活動する予定なんで、また随時このブログでも告知しています。

★2tomoo★
Twinkle Nights in London
HAPPY NEW YEAR
PAPILLOです。
2014年もparty jokeを宜しくお願い致します♪


僕は先日、冬休みを利用してチョコラ氏とロンドンに行って来ました
さらに現地の友人HIDECO氏(QUEENS OF SOUNDS)とも合流し、
美味しいものを食べたり飲んだり、あちこち遊び回って来たので、その様子を書いてみたいと思います。
上の写真は、カウントダウンの花火が爆裂しているところです。
バッキンガム宮殿からテムズ川に向かってのアングルです。
小雨が降ったり止んだりする中、民族大移動ばりの群衆の中、スリ集団の男たちが脇を固める中、なんとか無事に年が明け、夜空いっぱいの花火を見ることが出来ました。
ロンドンの年明け花火は世界でも有数のやんちゃっぷりだそうですが、
たしかにその通り、空が燃えるようにバンバン打ち上がりました
Bravo!


花火が終るとトラファルガー広場へ場所を移し、シャンパンでCheers!


すると、そこへ現れた謎の観光客の女子集団
彼女たちが順番にワインの一気呑みをやって見せて、次はHIDECOに一気コール!
それに応える我らがHIDECO!
めっちゃ煽る謎の女子集団!(笑)


つーか、HIDECO一気が終わるとビクトリーなポーズで絶叫するこの人。
めっちゃ面白くないですか?(笑)


初笑い、ひょんなところで持って行かれちゃいました...




さてさて、シャンパン・ロゼでほろ酔いになったところで、若者はクラブへ場所を移します。
年越しの日は朝まで地下鉄が走っているから、どこのクラブもパブも超満員で入場待ちの行列でした。


結局、僕たちはCAMDENのパブに辿り着き、朝までロンドナーたちと新年を祝いました




あ、これらの写真は新年partyでのPAPILLO&HIDECOです


*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+**.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.



ロンドンは夜遊びがおもしろい。
よく聞かれる言葉ですが本当ですね。(もちろん治安情報は要注意です!)
特にEAST ENDは、かっこいいカフェやパブがたくさんあるし、曜日によってはフリーで入れるクラブもあるし、現存するバンクシーちゃんに遭遇したり(上の写真デス)ワクワクします。


この冬、ロンドンは思っていたほど寒くなくて、キラキラした町を歩くだけでも楽しいです。
クリスマスから新年にかけてのヨーロッパは本当にロマンチック


冬のハイドパークには、期間限定の大型遊園地 WINTER WONDER LAND がやって来ます
僕たちは夕暮れ時に入園し、ホラーハウスに入ったり、ノルディック・パブでホットワインを飲んだりしてから外に出ると、キラキラと光り輝くまさにワンダーランドの中にいました


キラキラのロンドンを楽しんだあとは、もちろんパブでチルアウト。
ふかふかベルベットのソファに沈んで飲むビールは最高です
ANGELにあるこの素敵パブ、また行きたいです。


エンジェル駅
もちろんここで記念写真も撮りましたw


夜のロンドンではないのですが、ヴィクトリア&アルバート博物館のカフェも相当キラキラしていました。
ここのカフェは部屋ごとに内装デザイナーが違って、上の写真のギャンブル・ルームと呼ばれる一番大きな部屋はドーム型の天井とステンドグラスの壮麗さが圧巻でした!
また、フードメニューもいろいろ選べて美味しかったです。
とにかくロンドンでは雨の日が多かったので、ミュージアムやギャラリーでの雨宿りはなんとも贅沢な時間でした

今回、僕はロンドンの主に夜について書いてみました。
続編はチョコラ氏にバトンを渡したいと思います。

さあ、チョコラさんよろしくです

★PAPILLO★
City Boys' Christmas☆


コンニチハ、PAPILLOです。
先週末の“party joke”に遊びに来てくれた皆さん、どうもありがとうございました
この日はパーティーチューンやクリスマス・ソングが溢れていましたが、個人的には2tomooくんがへヴィプレイしてた「その日暮らしは止めて〜」という曲のフレーズがやけに耳に残っています



その曲とは、コピーヌさんの「都会」だったんですねー
「都会=City」、つまり「City Boyイベント=party joke(笑)」にちなんだ選曲だったというわけですな
ニクイ演出ですね。
そう言えば、クリスマス・ソングには「クリスマスには家に戻って来て〜」という曲が多いので、この曲のコンセプトもある意味クリスマスっぽいなと思いました
大切な人と、せめてクリスマスくらいはおウチでおごそかに過ごしたいという昔ながらの人情ってやつでしょうか
マライヤやボン・ジョビもそんな曲たちをカバーしていたことを思い出しました。
しかし、コピーヌ妙子は「その日暮らしは止めて」を結構な回数リフレインしてますw



X'mas datingin NY
City Boyの素敵な特集!!!!!
参考にされてはいかがでしょうか。



2013年もあと少し。
今年もparty jokeに遊びに来てくれた皆さん、このブログをいつも読んでくださっている皆さんに感謝&LOVE&PEACEです
そして、Merry Christmas!
良いお正月をお迎えください

★PAPILLO★